交通事故に遭ったら~大阪の弁護士に相談~

交通事故で弁護士に相談した方がいいケースについて知ろう!

交通事故に遭ったら~大阪の弁護士に相談~

弁護士

なぜ弁護士に相談した方がいいのか?

交通事故の度合いにもよりますが、弁護士に相談をした方がいいケースがあります。特に保険会社との交渉や賠償金をいくらもらうかなど、弁護士がいることで、こちらに有利なように交渉を進められます。

交通事故被害者の心身の負担の軽減を目的に

交通事故に関しての相談をたくさん受けている法律事務所では、慰謝料や保険会社との交渉を有利に進めてくれるだけでなく、交通事故の被害者やその家族の立場や心情を充分に汲み取ってくれます。金銭や体の故障はもちろん、心の負担軽減まで考えて行動してくれるのがよい法律事務所なのです。大阪にも交通事故での対応について実績のある法律事務所があります。万が一自分や周りの人が交通事故にあってしまったときは、相談だけでもしてみましょう。

法律事務所はどうやって探せばいい?

交通事故被害の対応に詳しい法律事務所をどのように探せばいいのか知りたい方もいるでしょう。まず、知り合いで過去に交通事故に合って弁護士に相談した人がいるのであれば、その人に話を聞いてみましょう。対応が良かったということであればそのルートから相談をしてみるもの一つの手です。もしも知り合いで弁護士に相談した人がいない場合は、交通事故被害に詳しい弁護士をインターネットで調べることができますので、ホームページ経由で連絡をとってみましょう。

交通事故被害で弁護士に相談して良かった内容ランキング

no.1

保険会社との交渉

ランキング第1位に選ばれたのは、保険会社との交渉という結果になりました。交通事故に合った場合、必ずと言っていいほど保険会社の対応に満足できないという声がでるそうです。法律に関する知識を使い、保険会社との交渉を有利に進めてくれるのが、交通事故の被害に詳しい弁護士なのです。

no.2

後遺症の認定について

ランキング第2位は後遺症の認定についてです。後遺症の認定についてはこちらの主張を明確に通すことができなければ、その後何年にも渡る補償がしっかりと受けられないということになりかねません。実績のある弁護士に対応してもらうことが大事なのです。

no.3

慰謝料について

ランキング第3位は慰謝料についてです。よい弁護士に頼むのと頼まないのでは、慰謝料も大幅に変わってきます。それほど大きな事故ではなかったという場合も、弁護士が間に入ることで適切な慰謝料を取ることができるのです。

no.4

むちうちの認定

ランキング第4位はむちうちの認定についてです。後遺症の認定と少し似ていますが、むちうちについては大小問わず、発症してしまうケースが多いので、まずはむちうちの症状について確認されることも多いです。むちうちには捻挫型、神経根症型などいくつかのタイプがあり、かなり長引くこともありますので、最初で確かな判断がなされるべきなのです。その助けになるのが交通事故に詳しい弁護士といえるでしょう。

no.5

加害者側とのトラブル

ランキング第5位は加害者側とのトラブルについてという結果になりました。交通事故については被害者と加害者側で意見や主張が噛み合ず、トラブルに発展してしまうことが多くあります。そんなケースでも法律を用いてトラブルを最小限にしてくれるのが弁護士なのです。

交通事故相談についてのQ&A

交通事故に遭ったらすぐに相談した方がいいの?

もちろんすぐに相談した方が、交渉が有利に進むことは確実ですが、あとあとの保険会社から治療費打ち切られが合ったときなどに相談することもできます。不本意な方向へ話が進みそうだなと思ったら即相談しましょう。

損害賠償に納得いかない場合も相談できる?

もちろん相談可能です。弁護士に相談することで額が変わることがあります。損害賠償については計算方法がいくつかあるので、弁護士が適切な計算方法かどうか判断することができるのです。

加害者の態度が悪いときは慰謝料を増額できないの?

通常慰謝料は傷害の程度や治療期間や後遺症の等級がどの程度かという観点から決められるので、態度が悪いということが即増額に直結はしません。しかし、相手側の対応が常識の範囲を超えてひどい場合は増額が認められることもあります。

加害者側が弁護士を付けているみたいだがこちらもつけたほうがいい?

加害者側ももちろん弁護士をつけることができます。その場合損害賠償の金額を低く抑えようとしてきますので、被害つけた方がいいです。者側も弁護士をつけたほうが交渉が公平になるのは確かです。

相手保険会社から示談の話が来たが、示談額は上がらないの?

通常保険会社が最初に示談額として提示する金額は、一般的に裁判基準より低いです。弁護士に相談することで増額できるケースがあります。

広告募集中