刑事事件や交通事故など、弁護士に相談するケースは多い!

法律に関するさまざまな職業を知ろう

自分や身内が急に刑事事件に巻き込まれてしまったケースや、交通事故について賠償費用などをどのようにすればいいか専門家に相談したい場合に、まず選択肢に上がるのが弁護士への相談でしょう。では、過払い金については誰に相談すれば良いでしょうか?会社の経理については?それぞれの分野にスペシャリストがいます。過払いなど、差し迫った問題ではないとしても、ケースによってどこに相談すればよいかくらいは覚えておいて損はないでしょう。

法律のプロフェッショナルへの相談

メンズ

刑事事件で弁護士が必要な理由

刑事事件に巻き込まれてしまった場合は、弁護士に相談した方がいいと知っている方は多いでしょう。一般的に刑事事件に発展した場合、容疑者として捕まった人は事件について検察側の追求を受けます。しかし、それだけでは容疑者にとっては圧倒的に不利です。事件に関して公平に判断するために、弁護士が容疑者の側について、主張を理論的に説明する役割を担っているのです。

刑事事件においては優秀な弁護士を選ぶことが最重要

自分もしくは身内の方が刑事事件に巻き込まれてしまっている場合、優れた弁護士を選ばなければ、刑期や賠償金支払いの面で負担が多くなることは明白です。無実の場合その証明も非常に難しくなります。では、優秀な弁護士はどのように見つければ良いのでしょうか?

弁護士の探し方

知人に紹介してもらう

意外と多いのがこのケース。優秀な弁護士を位置から自分で探すのはかなり難しいし時間がかかってしまう場合があります。それよりは、知り合いから紹介してもらう方がことがスムーズに運ぶケースも多いです。知人の紹介ということである程度実績のある人というポイントをクリアできるというメリットもあります。

弁護士会へ相談し紹介してもらう

地域ごとに弁護士会がありますので、そこへ相談し弁護士を紹介してもらう制度です。相談料などが比較的安かったり、相談料免除のシステムがあります。弁護士会からその案件に適した弁護士を紹介してもらえるというシステムです。

インターネットから探す

ホームページを持っている事務所も多いので、インターネットから探して問い合わせてみるのも有効な方法です。大阪、横浜、名古屋など、それぞれの地域にどのような事務所があるのかすぐに確認することができます。また、ケースによっては他の地域から優秀な弁護士を探したりすることができます。

弁護士を選ぶ際のポイントランキング

no.1

実績がある

ランキング第1位は実績があるというポイントが選ばれました。巻き込まれた刑事事件などに関して、過去の解決事例や、好条件を勝ち取ることができている弁護士に依頼した方がいいという人が多かったです。弁護士を選ぶ上で実績は絶対に外せない要素といえるでしょう。

no.2

難解ケースにも対応可能

ランキング第2位は難解ケースにも対応可能ということです。刑事事件などはいくつもの事象が複雑に絡みあっている難解なケースになることがたくさんあります。難解な事件の場合はさまざな角度から調査を進め、裁判の材料を揃える必要があります。過去の実績から、難解なケースでも対応しているかどうか調べましょう。

no.3

高い専門性を持っている

ランキング第3位は高い専門性を持っているかどうかというポイントになりました。事件の内容によりますが、高度な知識や専門性がなければ対応不可能なケースもよくあります。依頼したいケースで高い専門性を持っているかどうかということを一つの大きな判断材料にしましょう。

複数の弁護士に相談してから決めるのもOK

弁護士は何名かに実際に会ってみて、この人なら大丈夫そうだという人を見極めてから依頼しましょう。最初に相談したところに依頼しなければいけないというわけではありません。すぐにでも決めたいという気持ちはやまやまだと思いますが、弁護士選びは決して焦らないでください。長い期間悩みを共有し、裁判で有利に戦える人かどうか判断しましょう。

広告募集中